jigennyumon

.
次元
の意味を調べると三つの内容があげられます。一つは、空間の広がり程度などを表す指標です。二つは、「物理」的な「単位」の種類です。三つは、物事を考えたり、行ったりする時の影響度合い程度を表す概念の事です。

学術用語では「次元( dimension )」と呼び、空間の広がり程度を表す指標に使われています。

基本的には1次元、2次元、3次元の各次元が確認されています。幾何学の中でみられる点は1次元で、線の形を2次元として観ると、縦線と横線が交差しながら繋ぎ合わさって座標が存在する空間を2次元平面と呼んでいます。2次元平面に高さを表す軸を加えたものが3次元になり、人間の知覚器官は立体構成の環境空間として受け入れています。

前述の波動項目で、ボディを構成する8層の振動層中、実際のボディに相当するのがアーンプ体( 帯 )になり、人間の感覚器官は意志と意識を心の働きで生み出すと記述しました。2次元平面に盛り込まれた自然界の空間から、現象の内容を鋭敏に捉え選択しながら「意志」という行動の為の思いを確立しています。意志が定まれば心は実践行動を起こしますから、立体空間の中で身心が働き意識が生まれて、3次元という環境空間で日々の生活が営まれています。

3次元に時間の尺度を加えたものが4次元世界ですが、精神世界のメッセージでは肉体を離れた霊魂が一時在席するのが4次元でした。現在は4次元界が希薄になっており消滅中(幽界の消滅 )と言われています。

在席場所の4次元が無くなると、肉体を失った霊魂は何処へ行くのでしょうか?

その答えは「リサ・ランドール、理論物理学者」が発表した、5次元に包まれた多様な各種異次元の3次元世界へ時空間移動( 輪廻転生 )すると考えられます。


参考文献
次元について(Wikipedia)
アナログ、デジタルについて(Wikipedia)
リサ・ランドール 異次元は存在する(NHK未来への提言)
..

 波動について >>